<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
SEARCH
PAGE VIEW

| main | 記事配信URL変更のお知らせ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.02.03 Tuesday  | - | - | - | 

「バレンタインの意味考え直して」 ローマ法王が声明

 バレンタインデーを目前に控えた2月11日、ローマ教皇庁は「バレンタインデーは女性同士でチョコレートを交換し合うための日ではない」とする声明を日本に向けて発表した。
 本来バレンタインデーは、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であり、世界各地で男女の愛の誓いの日とされている。しかし、近年の日本ではとくに学校や職場において、いわゆる「友チョコ」として女性の友人どうしでチョコレートを交換し合うことが流行している。今回の発表はこの「友チョコ」を戒める意味があるという。

[ローマ教皇庁の声明(要旨)]
日本の皆さん、2月14日が何の日か知っていますか?もちろん知っているでしょう。バレンタインデーです。多くの男性諸君がこの日を首を長くして待ち、また多くの男性はこの一日を失望の渦中で迎えるでしょう。そして多くの女性がこの日のためにチョコレート、あるいは甘いお菓子を丹精を込めて作り、何日も前から心の準備を整えていることでしょう。
しかし、ちょっと待ってください。そもそもバレンタインデーは、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であり、世界各地で男女の愛の誓いの日とされているのです。我々ローマ教皇庁は、バレンタインデーの現在の日本での扱いに疑問を感じています。「friendly chocolate」に代表されるように、バレンタインデーの本来の意味がないがしろにされているように感じるのです。
日本の皆さん、もう一度バレンタインデーの意味を考え直してください。
(終)

070212
写真=声明を発表するローマ法王

◆関連記事
バレンタインデー 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC
2007.02.12 Monday 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 娯楽・文化 | 

スポンサーサイト

2009.02.03 Tuesday 18:02 | - | - | - |